このページでは、頭の回転を改善する助けをしてくれるDHAサプリについて、ランキング形式で紹介しています。

  • 「頭の回転が遅くなった気がする」
  • 「脳を活性化させるものを探している」

といった方の参考になれば幸いです。

頭の回転を改善するDHAサプリランキング

頭の回転が悪くなったと感じるのはどんな時?

最近、頭の回転が悪くなったと感じる事はありませんか?

頭の回転が悪くなると、物事が思い通りにすすまなかったり、仕事の効率が悪くなったり、イライラしてストレスが溜まる原因にもなります。

また、何でこんなに頭が働かないのかと自分自身に不安を覚える事はあるかと思います。

以下の項目は頭の回転が悪くなった時に出る症状です。あなたは、下記にあげる項目の中に、いくつ、あてはまるものはありますか?

  • 人の名前がすっと出てこない
  • 頭の切替ができない
  • 会話中に何を話しているのか分からなくなる
  • 本や新聞を読んでも内容が頭に入らない
  • 作業に集中できない
  • 空気が読めない
  • イライラして注意力散漫になる
  • 物事をうまく順序だてて遂行できなくなる

頭の回転は常に考える癖をつける等の脳を鍛える事で悪化する事を食い止める事ができます。

対策をたてないとどんどん悪化してしまう一方なので、これ以上頭の回転を悪くしないためにも日頃から予防策をたてることが大切ですね。

頭の回転というのはかなり、デリケートな問題で、単純に人の性格や気質が関係している部分もあるかもしれません。

しかし、あまりにも症状が重い場合には何かしらの病気を患っている可能性もあるので病院を受診された方が良い場合もありますので、注意が必要です。

脳を活性化させるために行いたいことは?

頭の回転が悪くなると仕事や人間関係等、日常生活に支障をもたらす事態もあります。
では、頭の回転を速く改善するにはどうしたらいいでしょうか。

それは、脳を活性化することです。脳を活性化することにより、悪かった頭の回転が速く改善できます。

脳を活性化するためには、まずは脳に悪い習慣をストップしなければなりません。

脳に悪い週間とは、ストレス、偏った食事、睡眠不足、運動不足があげられます。

つまり、脳を効率よく活性化するためには、軽い運動の継続や、考える癖をつける等の脳に良い生活習慣を身につけて、バランスのとれた食事をし、良質な睡眠を取ることが大切なのです。

具体的な活性化の策としては、下記のものがあげられます。

  • 日記やメモ帳をつけて、左脳右脳を使うようにする
  • 速読の訓練をする
  • 読書の習慣をつける
  • ストレッチやウォーキング等軽い運動をする
  • よく噛んで食べる

どれも簡単に取り入れられるものなので、実践したいですね。

特に、食生活の面では、特に脳の活性化に良いおすすめの栄養素があります。

その栄養素はDHA,EPA、αリノレン酸が属するオメガ3脂肪酸です。

オメガ3脂肪酸に属するDHAは血液中の脂肪の濃度を下げ、血液の流れをよくすることで、目の網膜や脳の働きを活性化する効果があります。

また、脳の細胞膜の中で情報伝達を受け持つ「シナプス膜」の材料となるため、脳が活性化し、記憶力や学習能力がアップします。

規則正しい生活と脳の活性化に良い食品を積極的に取り入れて頭の回転が速いスマートな快適な生活を過ごしたいですね。

オメガ3脂肪酸を多く含む食べ物は?

オメガ3脂肪酸(オメガ3)が健康・美容に良い健康成分として世間から注目を集めています。

特に脳を活性化して、頭の回転を改善するのにオメガ3脂肪酸は大きな効果を発揮してくれるので、ボケ予防やIQを高める等、様々な機関で研究されています。

オメガ3脂肪酸とはDHAやEPA、α-リノレン酸などの脂肪酸の総称の事です。

DHA・EPAは、αリノレン酸含む食品から摂取できます。

αリノレン酸は体内に入ると、酵素の活性化が行われるとDHAやEPAに変換するためです。


DHA・EPAは油の乗った青魚に豊富にふくまれており、中でもアジ、サバ、サンマ、イワシ、マグロに特に多く含まれています。

また、α-リノレン酸はくるみ等のナッツ類、アマニ油、しそ油、大豆から摂取することが出来ます。

上記の中でも、特に青魚はオメガ3脂肪酸に属するDHAとEPAが豊富に含まれている為、オメガ3脂肪酸を多く摂取出来ると言われています。

これらのオメガ3脂肪酸が多く含まれている食品を毎日食卓に並べて、脳も体も若々しく元気に生活したいですね。

サプリを上手に利用しましょう

オメガ3脂肪酸に属するDHA、EPAは私たち人間にとってとても大切な健康性分なので、厚生労働省が1日の理想摂取量を「1日1,000mg」に設定しています。

しかし魚によっても含まれる成分の量は異なります。

日本人の多くがよく食べるマグロとサバはDHA、EPAがおよそ4,000mg含まれています。

これを、厚生労働省が推奨する摂取量を実際に食べるなら、マグロは5切れ程度、サバの場合は切り身ひと切れ、イワシやサンマやアジに関しては1尾まるごとの摂取が必要になります。

毎日毎日これだけの量を食事で摂取する事は魚離れが進んでいる現代社会では、中々至難の業です。

そんな時は、1日で足りない分をサプリメントで補いましょう。

食事だけでは中々摂取出来ない成分もサプリメントなら簡単に摂取する事が出来るのでおすすめです。

現在は、DHAの健康成分の注目により世界中で多くの機関が研究して様々なメーカーからサプリメントが販売されています。

そのため、形状や価格や購入条件など自分に合ったものを選ぶ事が出来ます。

また、サプリメントは医薬品ではなく、健康食品なので基本的に用法·用量を守って摂取していれば副作用を起こす心配はありません。

ただし、アレルギーのある方は原材料を摂取前に確認し、現在薬を服用してる方は念のため事前に医師に相談してから摂取しましょう。

最後に、サプリメントはあくまでも補助的な役割ですので、毎日のバランスの取れた食生活を主として更に記憶力の向上に健康的につなげたいですね。

頭の回転を改善するDHAサプリ 私のイチオシは【】

更新日:

Copyright© 頭の回転を改善するサプリまとめ【DHA・EPAで脳を活性化させる】 , 2017 All Rights Reserved.